中古マンションでリノベーションできる範囲とできない部分。

中古マンションをリフォーム、リノベーションをする際、
工事可能な範囲は「専有部分」です。
マンション通路など共有部分ではない、家の中のこと。


こちらは最近のダイニング&キッチンの様子。

特別な規則が無い限り、家の中は自由に改装できます。
でも、玄関ドアと窓は、マンション共有部分という位置付けなので、
勝手に工事をする事ができません。

窓枠とか、住人が好き勝手に変えたら、
外観が悪くなって価値が下がる恐れもありますもんね。

共有部分なので、大規模修繕の時には、
積み立てた修繕費で、全戸交換してもらえるという可能性もあります。


↑なのでドアだけ古いという状態…
でも、作りはしっかりしているので、
そのうちDIYで何か貼ったりしようかと思っています。



問題は窓です!!!
築35年ですが、一度修繕しているのか、
見た感じだとそんなに古い感じがしなかったのですが、
実際に住んでみると、冬の冷気がすごい!
風が強い日にはガタガタいうし、隙間風まで吹いてます(^ ^;)
住んでみてわかった事です…

管理会社の方に、サッシの交換について確認してみた所、
申請さえすれば、交換しても良いとの事!!!

だったらリノベする時に確認して交換しておけばよかった!?
でも予算に余裕なかったので無理だったかな…

最近は、窓リフォームは気軽にできるので、
サッシの交換か、内窓の取り付け工事を検討中です。

2重窓やペアガラスにしたら、かなり暖かく快適になると思います♡

夏前にやろうって話していたけど、まだ何もしていないし、
来年の冬前には窓リフォームしたいなあ*


https://www.instagram.com/may_home/

may u

Instagram