JUST MARRIED * ガーランドの作り方

ジャストマリードのガーランド

結婚式で使うガーランドを手作りしたい方のために、
作り方とデザインについてまとめました。

まずはデザイン、形について。 

JUST MARRIED さんかくガーランド

ガーランドとして、最も一般的な三角形のデザイン。
ナチュラルでかわいらしい印象で、アウトドアによく合います。
布にステンシルしたり、カラフルや2色を交互に並べたりしても可愛い。
縦長の二等辺三角形にすると可愛いのですが、文字が小さくなってしまうのが欠点。


JUST MARRIED しかくいガーランド

四角形を使うと、カッチリした印象になります。
大人っぽいシックな会場での結婚式などに合うと思います。
この場合、長方形よりも正方形がステキです。


JUST MARRIED フラッグのかたちのガーランド

三角と四角の良さを兼ね備えたのがこの形。
カジュアル、フォーマルどちらの雰囲気にも合います。

3種全てに共通しているのが、直線なので切りやすいという事です。
定規とカッターを使えば、キレイにカットできます。
また、上の辺にのりしろを作り、山折りにしてリボンやヒモを接着すれば、
ひもが表に出ない様に仕上げる事ができます。



丸型にするとエレガントでガーリーな印象になります。
丸型の欠点はキレイに切るのが難しいという事。
でも、写真撮影に使う分には問題ないと思います。


そして、マイベストはオーバル(楕円)のデザインです。
正円から楕円にすると、大人っぽくクラシックな印象になります。
タテ8.5cm×ヨコ5cmのサイズで作っています。

私はIllustratorでデザインしていますが、単純な図形なので
飾りに子持ち罫を使えば、Excelなどでも作れるのでは?

just married garland ribbon

丸型だと上が直線ではないので、穴を2ヶ所開けてヒモを通さなければなりません。
普通の穴あけパンチだと位置が難しいので、一穴パンチがおすすめです。

パンチの穴で、だいたい6mm〜18mm幅のリボンが使えます。
私は18mmの太いリボンでくしゅっとさせるのが好きですが、一般的には
細めの9mm〜12mm幅くらいのリボンを使ったタイプが人気なのでオススメします。

just married ガーランド リボンと紐の付け方

カッターで切れ込みを入れて通すと少しフラットに。

用紙はいろいろ試した結果、シリウス水彩画用という画用紙を使用しています。
ハガキより少し厚い紙です。表面に凹凸のある紙の方が、高級感が出ます。

紙によってはインクが滲むので、試し刷りをすると良いです。
また、プリンタによっては厚紙が使えない場合があるので事前にご確認を!

just married ガーランド 作り方の失敗例

穴を開けずにリボンにのりづけすると、この様に向きがバラバラになってしまいます。


Just married garland and purple ribbon

最後に色について。
私は白地に完全なブラックで印刷しています。
写真映えをと、活版印刷っぽい雰囲気を意識しています。

会場やドレスに合わせて色文字や白抜き文字などもかわいいと思いますが、
薄い色だと日光やフラッシュで色が飛んでしまうので、ご注意ください!

*JUST MARRIED ガーランド 販売はじめました *
WELCOME、HAPPY BIRTHDAY などもあります。

may u

Instagram