足場板古材で壁面収納棚をDIY


リビングルーム、壁のくぼみに合わせて、
全面に棚をつけました。

上段は圧迫感が出ない様に奥行き浅めの、
下段は収納力ありの厚い板を使用。
床から10cm浮かせているので、掃除もしやすい!
(ルンバも入ります。たまに金具にひっかかってしまうけど…)


使ったのは WOOD PRO のOLD ASHIBAです。
実際に建築現場で足場として使用されていたので、
味と重厚感があってステキなんです。


OLD ASHIBA(足場板古材)フリー板(幅つなぎ材)厚35mm×幅400mm(2枚あわせ)×長さ1210~1300mm 無塗装
6,090円



水や汚れから保護するために。
自然塗料のオスモカラーを塗ります。




壁に金具をネジで固定します。
棚を付ける事は決めていたので、
リノベ設計時に下地を入れておいてもらいました。

下地の木材が入っている所をセンサーで確認して、
下地にしっかり固定します。
平行を測っても、ネジを打つ際にズレて
しまったりするので、難しい作業です。


足場板に棚受けをネジでつけて、引っ掛けるだけ!
本来なら自由に高さも変えられますが、
うちの場合はベースが少し歪んでしまった為、
調整が必要…

下地の位置と板のサイズの都合で、
列によって棚受けの位置も違います。


何度か棚受けをつける作業をやり直して、
壁面収納の完成です!

プロがやったらすぐできそうですが、
結構大変でした…



でも完成度的には、プロ並みの見栄えになったと思います!


足場板の風合いのおかげでいい雰囲気です。

リノベして、床や壁がまっさらなので、
古い物が加わると落ち着きます…

ザラっとしているので、拭き掃除は不向きな質感です。


横からみるとこんな感じ。
また段を増やそうかな…と思ってます。

http://herecomethe.blogspot.jp/2014/10/autumndisplay.html

may u

Instagram