DIY バターミルクペイントで壁と天井を塗る


パンケーキみたいな美味しそうな名前のおしゃれなペンキ、
バターをつくった残りの乳成分を使った環境に優しい塗料だそうです。
多少のペンキ臭さはありますが、気にならないし、1日換気すれば消えます。

何より、色がとってもいいのがバターミルクペイントの魅力です。
マットで少しくすんだ上品な色、日本のペンキだとなかなかないと思います。




とりあえずおしゃれなペイントセットを購入しました!
バケツもかわいいので、植木鉢にしようと狙っています。
道具がおしゃれだとやる気がでます。
でも、消耗品の買い足しはホームセンターで済ませました。




nuさんには、パテ処理までしてもらいました。
パテ処理は職人さんにやってもらった方がいいよとアドバイスされたので…

石膏ボードの継ぎ目とビスの穴をパテで平らに埋める作業です。
パテ処理もDIYできなくもない様ですが、塗装だけでもかなりの仕事量になったので、
プロに頼んでおいて正解でした!


石膏ボードの面はローラーでコロコロ。
天井は壁の数倍、大変です。
垂れるし、腕と首が死にます。


基本、二度塗りです。
丁寧に塗れば、素人でもムラなくきれいに塗れます。
雑に塗ると写真↑の様なムラが出ますが気になる程ではないです。


コンクリの梁はデコボコしているのでハケでペタペタ。
養生には「マスカー」を使用。


デコボコ感がとてもいい!
カフェの天井っぽい!!




最終的には60㎡の天井全部と廊下、個室2部屋、キッチンカウンターを
塗ったので、100㎡くらい塗ったと思います。
本当におつかれさまです!

天井を塗り終わったら、主要な壁には漆喰を塗りました。
写真↓左の壁の方はしっくい、右のカウンターはバターミルクペイントです。
よくみると質感は違うのですが、全く違和感はありません。


ホワイトなので塗装をするとだいぶ明るく感じられます。
奥の梁はあえて塗装をせず、躯体あらわしのままにしてみました。



▼バターミルクペイント


ホワイトを使用しました。
色んな店で買って、Child's Locker White、Shading Whiteがあったのですが、
色の違いはわかりませんでした。 



▼ペイントセットはこれを使用

Harrisの Down to Earth は環境に配慮された素材でできているそう。
しかもおしゃれ!



養生はかなり大変なので必需品です。




▼ドアも塗りました▼


クリックいただけると うれしいです!

may u

Instagram